がんばれ東北、がんばれ日本
ホーム
cdvjについて
店舗支援情報
コラム 統計データ 週間レンタルチャート 関連リンク
加盟店様専用ログイン
ユーザ名:
パスワード:

チャート用データの提供店様専用となり、ログインが必要となります。

新規ご利用希望の方はこちらまでご連絡下さい

個人情報保護
レンタルと著作権
メディアコンテンツの古物買取りに関するルール
  1. ホーム>
  2. コラム>
  3. おすぎのビデ・シネプレビュー

コラム

おすぎのビデ・シネプレビュー 顧客満足度で勝負!
TALKへ行きたい アーカイブ一覧

2018.6

Vol.234(3/3)

【著者:おすぎ】

「オンリー・ザ・ブレイブ」
「ワンダー 君は太陽」
「メイズ・ランナー 最期の迷宮」
「ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷」
「女と男の観覧車」

実話と言われても…「ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷」

「ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷」はあのヘレン・ミレンが主演でありますが、これが実話ですって言われると、眉に唾つきになった感ありで、見たい方は、ご覧になればよろしい…てとこです。

なんでこんな話を考えたのか「女と男の観覧車」

ウディ・アレン脚本・監督の「女と男の観覧車」は、私はウンザリしました。ケイト・ウィンスレット扮する主人公の行動が、その都度イライラして、なんで、こんな話を考えたのか、「ウディも完全に老いたなあ」が本音!!

【おすぎ】
1945年横浜生まれ。デザイナー、歌舞伎座テレビ室制作を経て、映画評論家となる。 ピーコとコンビを組み、「おすぎとピーコ」で「久米宏の土曜ワイド・ラジオ・TOKYO」など ラジオを中心に活躍。以後、ラジオ、テレビ、講演や映画祭、トークショウ出演の他に、 新聞、雑誌、PR誌などでの映画評論執筆、対談など、多方面で活躍中。
本誌連載コラムを再録した「夢の十三夜日記」(ダイヤモンド社)発売中。

[コラム一覧へ戻る]

今月のフリーペーパー

全国3000店で配布中のCD情報先取りフリーペーパー「J-CD NEWS」!
気になる話題の新譜のレンタルリリース情報などを掲載中!