がんばれ東北、がんばれ日本
ホーム
cdvjについて
店舗支援情報
コラム 統計データ 週間レンタルチャート 関連リンク
加盟店様専用ログイン
ユーザ名:
パスワード:

チャート用データの提供店様専用となり、ログインが必要となります。

新規ご利用希望の方はこちらまでご連絡下さい

個人情報保護
レンタルと著作権
メディアコンテンツの古物買取りに関するルール

2018.5

【著者:村松 行人】

コンテンツ大競争時代が来た
③SVODへ映画の反撃が始まった?(5/5)

もう一歩踏み込んだアニメ・コーナー作りを

「仕入れなければ回らない」「揃えなければ来店してくれない」という繁盛店の法則があります。多くの作品がシリーズもので洋画や邦画に比べ人気作品は長期的に高回転が続くのがアニメの特徴ですから、とにかく高回転人気作品を漏れなく在庫することが大切です。そのためにまず自店に在庫のない作品、仕入れていない高回転作品をチェックし、在庫の強化・充実から始めなければなりません。自チェーンのデータ、メーカー・問屋情報、アニメ繁盛店の調査データその他、多角的かつ徹底的に人気高回転作品データを収集してください。

仕入・情報収集に当たっての留意点は、他のジャンルにはないアニメならではのユーザーの視聴特性です。その特性の中で最も重要なのがアニメは同一作品が繰り返し観られ、楽しまれるコンテンツだということです。夕食後家族みんなで大好きなジブリ作品を観る、自室でマニアックな作品を何度も見直す、幼児はお気に入りのアニメ主人公を何度でも飽きずに観る、等々といった反復視聴特性です。

その他のコンテンツ特性には『ガンダム』『仮面ライダー』『ドラえもん』等々幼児から中高年層まで幅広いファンを持つ20~30年のロングセラー・シリーズが多数あること。反対に地元テレビ局が放映するアニメやバラエティのようにご当地の幼児だけに圧倒的な人気作品もあります。

またこうした特性も影響して洋画や邦画に比べ作品の入荷が少し遅れても機会損失はさほど大きくないというメリットもあります。どれだけ回転するかが心配ならチェーン店や近隣の繁盛店の回転状態を見極めてから仕入れてもさほど遅くありません。

関連して、アニメばかりではありませんがよくある事例に「高回転すると聞いたから入れてみたけれどウチでは全然回らない」といった苦情があります。もちろん、店それぞれの客層の違いや立地条件もありますがそれ以前の問題として大切なのは「その作品を何点仕入れたか」があります。シリーズなら「そのシリーズをきちんと網羅したか」といった「揃え方」の適否です。

よく知られているように「1点仕入れ作品は回らない」という経験則があります。3~5枚、作品によっては10~20枚がお客様の目線正面の棚にきちんと並んでいることがお客様への最も強いアピールとなります。

ついでですが5点仕入れた作品を最初は2~3枚中身を抜いて貸出中にしておく、などというテクニックもあります、姑息な方法ですがお客様に関心を持って頂きたいという店の熱意の表れではあります。

繁盛店ではアニメの準新作が良く回転しているといいます。アニメばかりでなく準新作を高回転させることがレンタル店の最大の収益源であることは言うまでもありません。準新作をどう高回転させるかについては稿を改めて詳述します。

【村松 行人】
田辺経営(株)、教育出版(株)を経て現代教育企画設立。
1986年、ビデオショップ経営研究会を主催。
全国550余のビデオレンタル店の経営診断・主導をしている。
衛星放送・スカイパーフェクトTV Eチャンネル番組審議委員長。

[コラム一覧へ戻る]

今月のフリーペーパー

全国3000店で配布中のCD情報先取りフリーペーパー「J-CD NEWS」!
気になる話題の新譜のレンタルリリース情報などを掲載中!