がんばれ東北、がんばれ日本
ホーム
cdvjについて
店舗支援情報
コラム 統計データ 週間レンタルチャート 関連リンク
加盟店様専用ログイン
ユーザ名:
パスワード:

チャート用データの提供店様専用となり、ログインが必要となります。

新規ご利用希望の方はこちらまでご連絡下さい

個人情報保護
レンタルと著作権
メディアコンテンツの古物買取りに関するルール

2018.3

【著者:村松 行人】

コンテンツ大競争時代が来た
①成功するかRedboxの配信サービス(4/4)

地域になくてはならない魅力的な店の作り方

①数よりも実質的な選択肢の広さを演出する

こうしたレンタル店ならではの魅力、あるいストロングポイントを強くアピールした店作りでこれからのコンテンツ大競争時代を生き残っていかなければなりませんが、そのためには地域のお客様にとってどれだけ魅力的なレンタル店か、が問題となります。

具体的には「観たい作品がどれだけあるか」という実質的な新作、準新作を中心とする選択肢の広さが勝負です。HuluやNetflixのサイトでは見られない新しい作品を「これでもか!」というぐらい並べます。

選択肢の広さの演出には、新作ばかりでなく準新作のボリューム感を強調するのが効果的です。リリース1~2年以内の人気高回転作品を網羅し、1作品当たりの十分な在庫枚数を並べます。ポイントは各作品の「鮮度」と「知名度」。誰もが知っている新しい作品でなくては、お客様を惹きつける魅力にはなりません。

また、大切なのは品揃えの幅や作品数だけではありません。毎回書いていることではありますが、並べる作品の陳列やコーナー作り、さらにはPOPや宣材の作り方の優劣、お客様へのキメ細かな配慮等々により評価や信頼度が大きく違ってきます。

②ファミリー・アニメで集客するという基本戦略

いいレンタル店とは「キッズがファミリーを連れてくる」ような店のこと、という評価があります。地域の子供たちが夢中になり毎日来たくなるようなアニメコーナーを目指すべきでしょう。「キッズにビデオを掴ませろ」がVHS時代からアニメコーナー作りの鉄則です。親の手をふりほどいてコーナーに飛び込んできたキッズが観たい作品・シリーズが彼らの手の届く高さに溢れんばかりに並んでいる、そんな売り場を目指すべきでしょう。

また、『となりのトトロ』、『魔女の宅急便』、『耳をすませば』といった母親が子供に見せたい、ファミリーで観たいと思っているジブリ系作品等が同伴者の目の届きやすい場所にキチンと揃っている、さらに『仮面ライダー』、『ガンダム』、『ウルトラマン』など父親が子供と楽しみたいと思ているロングセラーのアニメシリーズの並べ方、棚作りもコーナーづくりの大切なポイントです。

最後にアニメで集客力をアップするという戦略に不可欠なのがアニメ在庫の圧倒的なボリューム感とコーナーの活気です。高回転シリーズや洋画系作人気作品、幼児・キッズ系アニメ等を網羅するだけでなく、お客様に「沢山あるな!」と思わせる棚作りや在庫作品の見せ方を考えなければなりません。

活気の演出に大切なのがサウンドと色彩、さらにコーナーの明るさ等です。補助照明器具を多用してコーナーを明るくする、POPや掲示板を赤や黄色の暖色系で」統一する、コーナー各所に小型モニタを置きプレビュー再生、アニメソングのBGM等々、「活気」の演出に限りはありません。

先日、近くのレンタルショップでは『STAND BY MEドラえもん』の「ひまわりの約束」が少し大きめのボリュームでかかっていました。

[コラム一覧へ戻る]

今月のフリーペーパー

全国3000店で配布中のCD情報先取りフリーペーパー「J-CD NEWS」!
気になる話題の新譜のレンタルリリース情報などを掲載中!