がんばれ東北、がんばれ日本
ホーム
cdvjについて
店舗支援情報
コラム 統計データ 週間レンタルチャート 関連リンク
加盟店様専用ログイン
ユーザ名:
パスワード:

チャート用データの提供店様専用となり、ログインが必要となります。

新規ご利用希望の方はこちらまでご連絡下さい

個人情報保護
レンタルと著作権
メディアコンテンツの古物買取りに関するルール

2018.3

【著者:村松 行人】

コンテンツ大競争時代が来た
①成功するかRedboxの配信サービス(2/4)

パッケージを補完するオンデマンド・レンタル

今年の米国の映像エンタテイメント市場でもう一つ気になるのが、昨年12月に書いたRedboxの「Redbox On Demand」という新しい映像配信サービスです。「金曜日の夜わざわざキオスク(自動レンタル機)まで借りに行かなくとも新作映画が楽しめます。」というのが同サービスの売りです。

このサービスはとりあえず全米約42,000台のキオスク・ユーザーをコア・ターゲットとした新作映画やTVドラマ、アニメ、ゲームなどのレンタル映像配信ですが、やがては新作映画のストリーミングが期待できないNetflixやAmazon等のSVODユーザーをも囲い込もうという戦略のようです。

料金は新作映画のレンタルが48時間で3.99ドル、旧作は1.99ドル、セルスルーは9.99ドルと、キオスクでパッケージを借りるよりは割高です。DVD、BD、そしてまもなく4K Ultra HD Blu-ray Discにも対応します。

注目すべきはこのサービスがスタジオ各社から歓迎されていることです。このサービスにはワーナー、パラマウント、ソニー、FOX、ユニバーサル、ライオンスゲートと、Redbox社と係争中のディズニーを除く大手スタジオのほとんどが名を連ねています。前回見た通りESTやVOD等の配信市場が伸び悩み、SVODの一人勝ちが続いていますから、そうした状態からの脱出の足掛りと期待されているようです。背景にはもう一つ、作品使用料の支払いをRSS方式にしてスタジオ各社の信頼を得たことも大きいと思います。

これまでRedboxのDVDレンタルには「新作発売28日後リリース」という厳しい足枷がありました。多くのキオスクがウォルマートの入り口に設置されていることから「新作発売と同時のレンタルリリースではウォルマートで新作DVDやBDが売れなくなる」という理由からでした。ウォルマートは米国最大のパッケージ販売窓口です。こうしたリリース・ウィンドウ障壁も今回、ユニバーサルは撤廃、ワーナーは7日後というように解消に向かっているようです、パッケージを取り巻く市場環境も大きく変化しつつあるということなのでしょう。

「実際には我々の顧客の多くがNetflixのアカウントを持っています」「SVODサービスはコンテンツがTVドラマやカタログ作品に集中しているため問題はありません。Redbox On Demandはアラカルトに新作映画が楽しめ、SVODのサービスを補完するものです」とRedboxのCEOのGalen Smith氏はコメントしています。米国の家庭の多くのリビングのテレビがネットに繋がっている時代ですから、Redboxのサービスは注目の価値があると思います。ちなみにRedboxのキオスク・レンタルは2013年(7億7万2000万回)をピークに以後年々スローダウンが続いています、それだけに同社の「Redbox On Demand」への期待も大きいと思います。

[コラム一覧へ戻る]

今月のフリーペーパー

全国3000店で配布中のCD情報先取りフリーペーパー「J-CD NEWS」!
気になる話題の新譜のレンタルリリース情報などを掲載中!