がんばれ東北、がんばれ日本
ホーム
cdvjについて
店舗支援情報
コラム 統計データ 週間レンタルチャート 関連リンク
加盟店様専用ログイン
ユーザ名:
パスワード:

チャート用データの提供店様専用となり、ログインが必要となります。

新規ご利用希望の方はこちらまでご連絡下さい

個人情報保護
レンタルと著作権
メディアコンテンツの古物買取りに関するルール

2018.3

【著者:行 達也】

学校とは?仕事とは?社会とは?(1/2)

先日、夜の7時ぐらいに六本木を歩いていると、手元で小さく懐中電灯を振り回しているオバチャンを見かけたんです。「なんだなんだ?」と思ってたらすれ違う時に「誰かお願いしますー」って声が聞こえて、ここでようやく目の不自由な人だってわかったので、セオリー通りに「肘につかまってください。どこに行きますか?」って案内したんです。杖を持ってなかったから、もしかして軽度だったのかもしれないんですが、いかに自分がその杖を目印に判断してるのかってことを思い知りました。

そうなんです、みんなが杖を持ってるワケでもないんですね。で、それはそれとして、この時は案内する場所までそれなりに距離があったので、見ず知らずのオバチャンと話をしながら六本木の街を歩くのはちょっと楽しかったんですが、いざエスカレーターや階段に近づくと、どうやってナビゲートしたら良いのかがわからないんですよ。「あーあと3歩で階段ね!」とかすべてがフィーリングで、方向も両肩を後ろから掴んで「こっちね!こっち!」とか、もう雑っていうか絶対にコレ間違ってるんだろうなって思いながら、でも、そのオバチャンは終始上機嫌で許してくれたので本当に良かったんですが、自分がいい歳して、目の不自由な人一人を満足にナビゲートできないっていう事実にちょっと後味が悪かったです。

で、つくづく思ったんです。僕らはテレビとかネットとかで、そういう時に肘を掴んでもらって案内しましょうっていうところまでは知識としてなんとなく習得しているけど、エスカレーターの乗せ方も店のドアの入れ方もまったく知らないじゃないかと。こんなの小学校の授業で教えてもらってもいいんじゃないの?って(中学校でもいいかもだけど)。歴史の年号を暗記することより、こっちを習得する方が100万倍ぐらい大事だと思うんですけどいかがですかね?同じ暗記の訓練させるなら、社会に出て、役に立つことを暗記した方がよっぽどマシかと思いますが…

[コラム一覧へ戻る]

今月のフリーペーパー

全国3000店で配布中のCD情報先取りフリーペーパー「J-CD NEWS」!
気になる話題の新譜のレンタルリリース情報などを掲載中!