がんばれ東北、がんばれ日本
ホーム
cdvjについて
店舗支援情報
コラム 統計データ 週間レンタルチャート 関連リンク
加盟店様専用ログイン
ユーザ名:
パスワード:

チャート用データの提供店様専用となり、ログインが必要となります。

新規ご利用希望の方はこちらまでご連絡下さい

個人情報保護
レンタルと著作権
メディアコンテンツの古物買取りに関するルール
  1. ホーム>
  2. コラム>
  3. おすぎのビデ・シネプレビュー

コラム

おすぎのビデ・シネプレビュー 顧客満足度で勝負!
CDセル店の現場から アーカイブ一覧

2017.7

Vol.223(1/3)

【著者:おすぎ】

「ジーサンズ はじめての強盗」
「世界にひとつの金メダル」
「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」
「ジョン・ウィック:チャプター2」
「ビニー/信じる男」

時の速さを実感する映画「ジーサンズ はじめての強盗」

何時ものことだけど、もう、夏です。まあ7月ですから、まだ梅雨を引きずっているから夏になるのは下旬に入ってからだと思うけど、時の流れの速さに驚くばかりです。で、時の速さを実感する映画の登場であります。

「ジーサンズ はじめての強盗」。勿論、タイトルがタイトルなので“ジーサンズ”とは誰が演じるのか、という興味深い問いが生ずる。

まず、強盗をしようと思いつくジョー役に御年、84歳のマイケル・ケイン、ウィリー役のモーガン・フリーマン80歳、アル役のアラン・アーキン83歳であります。充分、爺さんたちであります。まず、この3人、40年間、同じ会社で働き、定年後は年金生活を送っていたのに、会社の所有者が変り、年金がパーになってしまう。ジョーにとってみれば、その上、住宅ローンまで3倍になってしまう。しょうがないので銀行へ。ジョーがうったえる諸々のことを銀行員は拒否して、途方にくれたジョー。その時、3人の強盗が入ってきて…。それがヒントになってウィリーとアルを誘って銀行強盗をすることに…というのがストーリー。ラストがハッピーエンドというのがいかがなものか、ではありますが、楽しんでしまいました。懐かしや、アン・マーグレットも顔を見せてくれています。

[コラム一覧へ戻る]

今月のフリーペーパー

全国3000店で配布中のCD情報先取りフリーペーパー「J-CD NEWS」!
気になる話題の新譜のレンタルリリース情報などを掲載中!