がんばれ東北、がんばれ日本
ホーム
cdvjについて
店舗支援情報
コラム 統計データ 週間レンタルチャート 関連リンク
加盟店様専用ログイン
ユーザ名:
パスワード:

チャート用データの提供店様専用となり、ログインが必要となります。

新規ご利用希望の方はこちらまでご連絡下さい

個人情報保護
レンタルと著作権
メディアコンテンツの古物買取りに関するルール
  1. ホーム>
  2. コラム>
  3. おすぎのビデ・シネプレビュー

コラム

おすぎのビデ・シネプレビュー 顧客満足度で勝負!
CDセル店の現場から アーカイブ一覧

2018.1

Vol.229(3/3)

【著者:おすぎ】

「ジオストーム」
「バーフバリ 王の凱旋」
「デトロイト」
「ザ・リング/リバース」、「目撃者 闇の中の瞳」、「5パーセントの奇跡 ~嘘から始める素敵な人生~」

スクリーンから目が離せない「デトロイト」

「デトロイト」は今から50年前、デトロイトで起った“アルジェ・モーテル殺人事件”の真相に迫る作品で、製作・監督を「ハート・ロッカー」のキャスリン・ビグロー。

多分、本年度のアカデミー賞にノミネートされるだろう。1967年のデトロイトの警官は98%が白人で、些細なことから黒人への不当逮捕や虐待が続き、黒人住民の怒りが暴動に発展していった。アルジェ・モーテルに7人の黒人と2人のオハイオから来た白人の少女がいて、その他ベトナム帰還兵の黒人男性がいた。そこに警官たちが突入し、彼らを拷問し始める。この拷問シーンは40分も続くのです。とにかく胸が痛くなるシーンですが、何故かスクリーンから目を離せません。若き警官クラウスを演じるウィル・ポールターが不気味感充分の熱演です。

お金と暇のある人なら…「ザ・リング/リバース」、「目撃者 闇の中の瞳」、「5パーセントの奇跡 ~嘘から始める素敵な人生~」

次の3本は、お金と暇のある人はどうぞ。「ザ・リング/リバース」、「目撃者 闇の中の瞳」、「5パーセントの奇跡 ~嘘から始める素敵な人生~」は95%の視力を失った青年が、5ツ星のホテルで働くため“大芝居”を打つもので好きな人も居るかも…。

【おすぎ】
1945年横浜生まれ。デザイナー、歌舞伎座テレビ室制作を経て、映画評論家となる。 ピーコとコンビを組み、「おすぎとピーコ」で「久米宏の土曜ワイド・ラジオ・TOKYO」など ラジオを中心に活躍。以後、ラジオ、テレビ、講演や映画祭、トークショウ出演の他に、 新聞、雑誌、PR誌などでの映画評論執筆、対談など、多方面で活躍中。
本誌連載コラムを再録した「夢の十三夜日記」(ダイヤモンド社)発売中。

[コラム一覧へ戻る]

今月のフリーペーパー

全国3000店で配布中のCD情報先取りフリーペーパー「J-CD NEWS」!
気になる話題の新譜のレンタルリリース情報などを掲載中!