がんばれ東北、がんばれ日本
ホーム
cdvjについて
店舗支援情報
コラム 統計データ 週間レンタルチャート 関連リンク
加盟店様専用ログイン
ユーザ名:
パスワード:

チャート用データの提供店様専用となり、ログインが必要となります。

新規ご利用希望の方はこちらまでご連絡下さい

個人情報保護
レンタルと著作権
メディアコンテンツの古物買取りに関するルール
  1. ホーム>
  2. コラム>
  3. おすぎのビデ・シネプレビュー

コラム

おすぎのビデ・シネプレビュー 顧客満足度で勝負!
TALKへ行きたい アーカイブ一覧

2017.4

Vol.220(2/3)

【著者:おすぎ】

「キングコング:髑髏島の巨神」
「ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命」
「LION/ライオン ~25年目のただいま~」
「グレートウォール」

ラストは涙が止まらない「LION/ライオン ~25年目のただいま~」

インド映画の大作が来るというのでいさんで試写に行きました。「バーフバリ 伝説誕生」。上映時間138分、充分な大作でした。戦闘シーン、大迫力でありました。しかし、完結しませんでした。何故なら、インドでのパート2の公開は来年とか。そういえば“伝説誕生”とサブタイトルが小さく載っていました。とにかく3部作らしいので、全てを見る楽しみに期待しましょう。といってもパート1を見ないと話にならないので、気になる人はどうぞ、ご覧になって…。

2012年、ビックリするようなニュースが世界を駆けめぐった。5歳の時にインドで迷子になった少年が、養子となってオーストラリアで育ち、メルボルンの大学へ行き、友人の家でのパーティの時、キッチンにあった揚げ菓子“ジャレビ(赤い色のかりんとう状のもの)”を見た途端、5歳の頃のことを思い出し、自分は迷子だったと友人たちに打ち明ける。町の名前も、母親の名前もわからない。ただ、列車に乗った最寄りの駅の近くに給水塔があったことは憶えていた。友人のひとりがGoogle Earthのことを教えてくれて、青年サルー(デヴ・パテル)は独学で検索して、家を捜し出し、25年振りに家族に会うことができた、というニュースだった。「LION/ライオン ~25年目のただいま~」は、このニュースの映画化なのです。映画化したのは「英国王のスピーチ」のエミール・シャーマンとイアン・カニング。監督はガース・デイヴィス。サルー役に「スラムドッグ$ミリオネア」のデヴ・パテル、養父にデヴィッド・ウェンハム、養母にニコール・キッドマン、恋人のルーシー役にルーニー・マーラ。映画は5歳のサルーが回送列車に乗って眠ってしまう、迷子の発端から描かれています。5歳のサルーをサニー・パワールが演じています。ラスト、涙が止まりませんでした。パソコンもスマホもやらない私には新鮮な驚きでありました。

[コラム一覧へ戻る]

今月のフリーペーパー

全国3000店で配布中のCD情報先取りフリーペーパー「J-CD NEWS」!
気になる話題の新譜のレンタルリリース情報などを掲載中!